Pocket

転職エージェントとは、求職者と企業を結びつけてくれる存在です。転職エージェントは人材エージェントやヘッドハンターともよばれることがあるが、転職エージェントなしには転職の成功は難しい時代です。

転職エージェントの利用目的は3つある

転職エージェントは、有料職業紹介の免許を取得した者しか人材紹介ができません。基本的にはいないでしょうが、かなり怪しい転職エージェントがいたら念のために人材紹介のための免許をもっているか確認しましょう。人材紹介免許の取得は1日がかりの講習や分厚い資料の提出等かなり労力と3か月程度の時間がかかるものなので急にはじめられるものではないです。

資本金やオフィスの要件もあり、国がきちんと管理している資格なのであります。


転職エージェントには会ってほしいのですがその思いを簡単にまとめています。躊躇している方はぜひお会いしてみてください。

おすすめエージェントはこちらから

最初に会う時は、リクルートエージェントがおすすめです。

さて、転職エージェントの目的は3つあります。

求職者のキャリア相談に乗る。

転職は悩みの種であるので、悩みを吐き出すことができるだけで非常に大きな役割を果たします。人間はもやもやしていることを言葉にするだけで大きく前進することがあります。

転職エージェントは見ず知らずの存在ではあるが、あなたの相談に乗ってくれ、秘密を厳守してくれるのでそれだけで存在としては大きいです。

そしてあなたの悩みを整理し、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

ネットでは探し切れていない案件を教えてくれる

ネットでは探し切れない案件というのは多数ある。そういった案件をもっているのが転職エージェントだ。会社は採用していることを大っぴらにできない事情がある。

というのも、CFOや、編集長といった会社に1人しかいないはずのポジションを大々的に募集していたら、前任者が退職した、もしくは現任者が退職しようとしていることが競合にスキをつかれる可能性がある。そのため、ごく一部の転職エージェントにだけに状況を伝え、極秘募集することがある。

ネットで探せないはずの募集情報を提案してきてくれたら、あなたのことを評価してくれている可能性が高い、そして、そのエージェントがクライアントから信頼されている証拠になるので一つの参考指標として考えておこう。

転職エージェントを使うことのメリット、デメリットについてはこちらにまとめてあるのでぜひご覧いただきたい。

業界トレンドについての共有

転職エージェントは特定の業界に強い場合は、幅広く会社を見ているはずだ。そのため、一社の人事が言う意見よりも転職エージェントが言う意見の方がよりフラットになる。

仮にその業界が成長産業でなくなるとしたら、よっぽどの理由がない限り転職しないほうがいいだろう。企業側は人に来てほしいので、「これから伸びる」「業界は伸びてないけどうちだけ伸びる」などといったことを言ってくる。

そのためフラットな意見でないことが多い。転職エージェントの意見は業界トレンドという意味では信頼できることが多いので聞いてみよう。ただし、転職エージェントも転職をさせないとお金が入らないのでこの点には気を付けてほしい。

転職エージェントはなぜ転職エージェントをしているか

転職エージェントをしている人は、変わっている人が多い。なぜ、転職エージェントをしているかと聞いてみるとよい。その人の本質が見えてくる。
■人が好き
■人のキャリアを支援したい
■情報を得るのが得意
■インテリジェンスで働いていたから
■人材が儲かると思ったから

等々様々である。いずれにしても持続可能なビジネスの1つであるため多くの人が参入してきている。転職エージェントは20代~60代まで基本的に同じ仕事をしていて、年代に関係なく横並びにやる仕事が多い。

30年のビジネス経験を活かして高齢になって人材エージェントに転向したり、新卒からリクルートエージェントに入り、人材エージェント一貫で転職業界に携わって60歳近くになっている人と様々なのだ。

どの方も味わい深いので転職エージェントと話して面白いと思ったらその付き合いは継続的にしておくとよいでしょう。
試しに登録してほしい、リクルートエージェントについて下記に記事を書きました。

転職エージェントという存在

転職エージェントは補助輪的な存在だと思っています。決して主役にはなることはないが、補助輪として不安定な走行を支え、1人で走れるようになるのを支えてあげているのだと考えます。

1人で走っていても途中でよろめくこともあるだろう、そういうときはまた補助輪として使えばいいのです。

おすすめ転職エージェント

会社によっていい悪いと書いてあるところがあるが、転職エージェントは担当者レベルで差が大きくあるので気を付けてほしいです。バイネームでよい転職エージェントを見つけることが良いです。
転職エージェントを選ぶ基準については下記をご覧ください。

おすすめについてはこちらに書かせていただいたのでぜひご覧いただきたいところです。

Pocket