Pocket

面接の役割を考える

面接の果たす役割とは何でしょうか。企業は履歴書で学歴、経歴を見ます。職歴で活躍できそうな経験を見ます。では面接は?面接は人柄を見抜く部分が多いです。

会社はカルチャーに合うかどうかというのは重要な点であり、カルチャーを無視した採用は会社がうまくいかなくなる原因の1つです。そのため、面接であなた自身がどのような人物なのかを詳しく見られます。

面接は定量化できないけどなんとなくの議論がなされます。もちろん、これまでのスキル、経験、資格をみて仕事にフィットするかを面接を通して確認することができます。それでも最後の部分を確認することは難しいです。

人間性を確認するための雑談

人間性は雑談の中から確認することができます。とは安易に思わないが、人間性を確認しやすいのは雑談です。もしくは食事会に連れていき、リラックスした状態で話をしてその人の様子を理解することができます。

雑談では仕事とは関係ない質問がなされるがリラックスしていいがあまり気を抜きすぎることには気を付けましょう。例えば、失礼な発言や、他者を戒めるような発言がそれにあたります。

人間性というのはふとした時にあらわれるものなのでなかなか、根本的に自分を変えることはできないが、常にみられているということを意識しましょう。

面接対策の重要性

面接の対策を怠る人がいます。しかし、転職面接は練習を行った人とそうでない人では大きな差がついているのが実情です。そのため十分に練習を積んで、そして第三者の目からアドバイスをもらったうえで仕上げてから面接に臨みましょう。

練習を積みすぎている人はたまに型にはまった人のように見えなくもないが、練習をしているということは入社への志望度が高いということなのでアピールにもなりえます。

面接はウエイトが大きいのは事実

面接は現在の選考において、ウエイトが大きいです。新卒でもそうだっただろうが、ほとんどの人が面接落ちを経験したのではないでしょうか。

面接のウエイトが大きい故に、面接の対策に最も時間を割くべきなのですが、面接は書類や、筆記試験に比べて努力量が結果に見えにくいので対策があまりなされていないですね。

面接が結果を大きく左右するということをよく覚えておきましょう。

具体的な面接対策について解説

本サイトでは面接をどう乗り越えていくかを解説していきます。根本的な面接対策から、直前でも使える小手先のテクニック、そしてこれまで聞かれた質問の数々を記していきます。

具体的な記事はまた別の機会に提供いたしますのでそちらをご覧いただけると幸いです。

面接を乗り越えると仕事にも生きる

面接でうまく話せる人は会社の中でもうまく立ち回れる傾向にあります。面接は自分の能力をアピールする場で、そのアピールがうまくできるということは、仕事の場でもうまくアピールができるといっても過言ではありません。

面接練習を通して得た能力はほかでも必ずいきますので無駄になると思わずがんばっていきましょう。

Pocket