Pocket

職務経歴書が「面接」で差を分ける

職務経歴書が面接でなぜ差を分けるのか。なぜならば面接が職務経歴書にとって進むからです。ベンチャー企業をはじめ、職務経歴書を使わずユニークな面接手法をとる企業もないわけではないですが、職務経歴書を使った面接がほとんどです。

面接中に職務経歴書が手元になくても事前に読み込んできているので職務経歴書と面接で話す内容に齟齬があると問題です。

よって、面接を意識した職務経歴書が必要となるわけです。面接のストーリーもあらかじめ応募の段階で決まっているといっても過言ではありません。書類は面接で話すことの要約版と考えると手を抜くことはできませんね。

新卒の面接における書類であると、書類は実質学歴フィルターであることが少なくありません。よって書類は適当でも受かることがあります。

一方、中途採用の場合は書類は学歴や企業名の審査に限りません。その人がどういった能力をもっているかを見極めるための資料となります。そのため、しっかりとした用意をしましょう。

面接は職務経歴書が命

面接は職務経歴書が命です。本サイトではたびたび主張していますが、面接は職務経歴書がカギです。面接官は職務経歴書を基に質問をしてきます。デートをする際に事前に趣味や、出身地、仕事がわかればある程度会話を盛り上げることができますね。

職務経歴書はそれにあたるわけです。合コンで全く知らない相手と出会ったときに何も情報がないと質問を繰り返して盛り上げるポイントを探りにいきますよね。その探っている時間はぎこちなくテンポがなかなかつかめないことかと思います。

職務経歴書はその無駄な時間を削減する役割をになっていると考えてください。面接において職務経歴書を軽視する人は例外なく面接に落ちています。

コンサルティングファーム等のケース面接中心の企業でも職務経歴書が雑でドキュメンテーション能力が不足していると判断されたがために落とされたことがあるので注意してください。

書類選考で落ちるレベルかを判断してもらおう

転職エージェントに質問をするとわかりますが書類選考で落ちるレベルかどうかすぐに判断してもらえます。チェック項目としては大きく2つあって、職務経歴書がまともな日本語でまともな体裁をなすものがつくれているか。

そして、もう一つはこれまでの経験が、応募先の企業の要件を満たしているかです。

まともな日本語でまともな体裁というのはとても当たり前のように聞こえますが、簡単なことではなくてどんな人でも一回目の原稿には必ずミスが発生しています。

よってしっかりとチェックをして、間違いないようにすることが肝心です。自分による入念なチェック、外部の人によるチェックをはさむようにしましょう。

次に、応募先の企業の要件を満たしているかですが、これに関しても2点に分けてみていきます。
a)必要な経験を積んでいないので応募しているのに落ちる

b)必要な経験は十分に積んでいるが、アピールができておらず落ちる

a)に関しては、そもそも応募しても意味がありません。しっかりと経験を積んでから応募するのがよいです。もしかしたらという形で応募することも意味がないことはないわけではないですが、非常に高い確率で落ちてしまいます。

英語力ネイティブなのにTOEIC500点で受かるかどうかというのはほとんどありえないでしょう。その他でカバーする非常に素晴らしい能力があれば別ですがよほどとがったものがないと無理だと思っておいてください。

b)に関しては、できる限りの経験を簡潔に書けているかで差がつきます。無駄に長く書くのではなく要点だけ書くようにしましょう。職務経歴書の例は別の回で用意しますのでそちらをご覧ください。

テンプレートを活用しつづオリジナリティを加える

職務経歴書はよくあるテンプレートであればどれでも問題ありません。職務経歴書の体裁は決まっているようで決まっていないので、普通の人が見てしっかりしてそうであれば問題ありません。すでに転職成功している人の先輩や友人の書類をもらうように心がけるとよいでしょう。

職務経歴書のテンプレートよりも、まずは職務経歴書の中身をきちんと書くことが重要です。加えて、テンプレートを活用する中で、一部オリジナリティを加えるとよいと思います。

オリジナリティというのは強く個性が伝わる内容です。個性を伝える工夫もするようにするとよいでしょう。

良い職務歴書を書く人と悪い職務経歴書を書く人の違い

職務経歴書の良いものを書く人と悪いものを書く人の違いはなんでしょう。

良い職務経歴書を書く人

良い職務経歴書を書ける人は現在やっている仕事が将来が何につながっているかを理解している人です。決してプレゼンテーションがうまい人や、文章力がある人のことではありません。

過去の仕事、現在の仕事、そして将来のキャリアがつながっていることを理解している人は非常に転職市場において評価れます。こういった考え方ができる人は全体の5%程度でしょう。なかなかその時で評価されなくても必ず将来逆転のチャンスがあります。

悪い職務経歴書を書く人

悪い職務経歴書を書く人というのは、点と点がむずびついていません。スティーブジョブズのconnecting dotsの話ではありませんが。その場しのぎで適当な生き方をしているといずれぼろがでてしまうので気を付けましょう。

職務経歴書は同じものを使いまわし可能

職務経歴書のメリットは一度書くと同じものを何度も使いまわすことが可能です。職務経歴書は基本的に同じフォーマットなのと会社によって指定のフォーマットがないのでこちらで作ったものを使うことができます。

【BIZREACH(ビズリーチ)】等で一度、職務経歴書を自動で生成してもらえるので登録して使ってみるとよいでしょう。

使いまわしでも、少しの工夫が差を生む

使いまわしでもいいのですが最後に工夫をしましょう。例えば、広告業界にうけそうな広告に携わった経験を少し長く書く。メーカーの営業であれば、営業の経験を長くかくというちょっとしたものです。

おとなしい知的な人が多い会社では体育会系に近い経験を書くのは好ましくないかもしれないので部分部分でいいのでカスタマイズできるとよいでしょう。

Pocket