第二新卒

第二新卒転職取材!大手から大手への転職

更新日:

Pocket

本日も第二新卒枠で転職に成功した方に取材を行ってきましたのでぜひご覧ください。

大手企業に入れたものの年功序列の世界に

-新卒ではどのような会社に?

新卒で大手のメーカーに入社しました。人気の企業だったのでやっとの思いで入社できたのですが、入社すると実態と人事から聞いていた話は全く違いました。

-具体的にどのような点が違ったのでしょうか?

いくつかあったのですが、最も違った点は裁量権ですね。若手のうちから活躍できる風土があると聞いていたのにも関わらず若手には裁量がない状態でした。

具体的には大事な仕事は課長以上が行い、若手には仕事が降られない風潮でした。そのため、無駄なデータまとめ作業があったり、雑務だったりと多くが自身の成長のことを考えるとちょっと厳しいなと感じました。

私自身は成長を求めていたため、成長ができないところがつらかったです。給与よりも成長、やりがいを重視していたので就職したことを少し後悔する時間が続きました。

-少し我慢をするとか自分から環境を変えることはできなかったのでしょうか?

1年目だったこともあって、配属異動というのもあったのですが、別の部署に配属された同期に聞いても似たような環境でした。また環境を変えるにしても40歳、50歳の課長や部長を動かすことが自分にはできるとは思いませんでした。提案を色々しても鼻から無理だと決めつけられる状況だったので、自分自身でなんとかできるような状況ではないと思うようになりました。

本当にすごい人はどんな状況でも周りの人を巻き込めるのだとは思いますが、巻き込む力というか自信があまりなかったなと。

-上司との関係性はどうだったのでしょうか?

上司とは可もなく不可もなくでしょうか。何か尊敬できる部分もあったわけではないですが、悪い人ではなく、もくもくと流れ作業的に営業をしていました。

BtoCの小売ビジネスだったので小売店への営業を行っていました。工夫している点があったかというとそんな感じもなく、定時に帰って、家族との生活を楽しんでいる様子でした。想像以上にまったりだったのでほとんどの人にはいい会社だったと思います。

成長や裁量権をうたって、採用された自分たちの世代が不幸になっているのかもしれません。すでに仕組みが回っているのであれば成長とかいらないのでもくもくと高い給料をもらって、仕事をする人たちのほうがよいなと。

-転職はいつのタイミングから考えていましたか?

1年目が終わることには。あまりにすぐ辞めるのは悔しい面もあったので、大きな仕事がある程度終わるまでは、我慢しながら努力を重ねました。それでもがんばっている人が少ないなかで自分のやる気を上げてモチベーション高く仕事を続けるのは難しいなと感じていました。

-実際転職はどんな動きをしました
まずは転職サイトに登録しましたね。転職活動をしていることは人にもいえないし、1年目だったので周りに転職している人もいないし、先輩も公務員や大手にずっと勤めている人が多かったのでなかなか相談に困りました。ネットで、検索して転職サイトに登録をしました。

転職サイトは何に登録しました?
リクナビNEXTリクルートエージェントと"第二新卒ナビ
"に登録しましたね。後は、ほとんど使いませんですが、【BIZREACH(ビズリーチ)】にも一応登録しました。主にリクルートエージェントの人への相談と、リクナビNEXTであった転職エージェントに相談しました。

転職エージェントに会っても何も進むわけではない

転職エージェントにはどのような相談を?
転職エージェントには相談の仕方がわからなかったので、まず何を聞いたらいいかをネットで調べましたね。転職エージェントという存在が何かわからなかったのと、あとスポーツが好きなので、なんか、敏腕な交渉人みたいな感じに思っていました。

自分をレアルマドリードやバルセロナに売り込んで交渉してくれる切れ者を想像していました(笑)

実際は、なんか普通の人だなという感じだったので、ちょっとそういった意味ではがっかりしましたが、きちんと仕事をしてくれたので感謝していますね。

転職エージェントには何人会いましたか?
5人ですね。どの人もそれなりによかったかなと。あ、最後友達が働いていたので、DODAのサービスも使いました。といっても登録したというより個人ベースで相談してもらった感じなのでよくサイトのことはわかりませんが。

転職エージェントは何をしてくれましたか?
企業の紹介をしれくれました。企業の紹介はありがたかったですね。今働いている会社は、大手の人材会社なんですが、新卒のときは全く興味がない会社でした。それでもその会社の良さを教えてもらううちに興味をもつようになりました。

受けた会社は大手ですが、新卒の時は見ていない会社ばかりだったので結果として転職エージェントに相談してよかったと思いますね。あまり人の指示を聞くタイプではないので、求人をたくさん見せてもらって、その見せてもらった求人に質問しながら理解を深めていきました。

転職活動の軸は?
転職活動の軸は裁量権でした。本当に裁量権があるかを会社にも転職エージェントにもしっかり何度も確認し、自分が望む裁量があるかを確認しました。
そこで紹介されたのが営業で激しく競い合い、成果が張り出される会社でした。普通の人にはそのような会社はおすすめしませんが、結果主義でやりたかったのでそういった会社をすすめられるうちに興味をもつようになりました。

転職のめんどくさい部分は転職エージェントがやってくれた

-転職活動はうまくいきましたか?

それが、たまたま忙しい時期と重なってしまい、なかなか時間がとれなかったんですよね。仕事が基本的に暇だったのに急に転職活動の時期に忙しくて。朝、カフェで、職務経歴書と履歴書と志望動機を練っていました。朝、最寄り駅まで来てもらって相談にのってもらって転職エージェントもいました。

朝しか時間がとれないとなるとしっかり集中してできました。それでも職務経歴書はちょっと苦戦したので転職エージェントに色々直してもらって仕上げました。言われていた期限ギリギリに出すことができ選考がはじまりました。
また、面接対策もしてもらって、途中夕方会社を抜けて5社ほど面接を受けにいきました。

-面接の結果は?

3社最終までいき、2社は落ちました。1社内定が出たのでその地点で就職活動をやめました。第二新卒だからか知りませんが、面接は2回のところがほとんどだったので新卒のときより楽でしたね。受けたのは全部大手でしたがこんなにあっさり終わるのかという気持ちでした。

-退職はうまくいきましたか?

退職を伝えたらかなり引き止めにあいました。営業本部長がでてきて、心配してくれました。何か嫌な人間関係で悩みがあったのかと色々聞いてくれましたが、決してそういうわけではなかったので、きちんと意見を伝えて納得してもらって辞めました。同期でも辞めてる人がほとんどいなかったので早めの退職は波紋をよびますね。

第二新卒の良さ

-第二新卒でやめることに関してどのように考えていますか?

第二新卒は辞めることはいいことだととらえています。3年3割辞めるというのはちょうどいいくらいだと思っています。仕事が自分とあっていないことはよくあることだと思うので、あわなかったらすぐに見切りをつけることもビジネスマンとして大事だなと思います。

-本サイトの読者にメッセージはありますか?

そうですね、もし自分の望むことが明確であれば、その望むことをかなえるために色々な人に助けを求めるとよいと思います。私は、たまたま転職エージェントに相談しましたが誰でもいいので希望をつたえてそれをかなえるためになんとかすべきです。

しかし、周りをみてると働くうえでの軸もないので厳しいのかなと思います。ぜひ色々な人に相談してがんばってください。最後は自分の気合でのりきるしかありません。

-今回は取材にご協力いただいてありがとうございました。

使用した、転職サイトは、リクルートエージェントリクナビNEXT第二新卒ナビ
DODAですのでぜひご利用を検討してみてください。

こちらもぜひ

Pocket

-第二新卒
-, , ,

Copyright© 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く限定情報配信 , 2017 AllRights Reserved.