Pocket

面接が苦手という人向けに見てほしい直前対策法

面接が苦手だという人は少なくないのではないでしょうか。転職において面接は大きなウエイトを占めているにも関わらず有効な対策方法を知らないという人もおります。

実際、有効な対策法といってもこれといった対策法方法はないので自分にあったやり方を時間をかけて探す必要があります。

ですが、もはや面接直前であるという場合もあるでしょう。その場合の対策方法を述べさせていただきます。面接に関してはほんのちょっとの改善で大きな成果を得ることができます。面接はどうしても、定性的な部分があることは否めません。

中身がなくてもそれっぽい人が受かってしまう現状

大したことを言っていないのに面接を突破してしまう人がいます。なぜそういったことが起きているかというと二つの理由が考えられます。

1点目は、面接官側のスキル不足に問題があります。どうしても日本企業のおいては特に専門人事、特に採用担当のスペシャリストが圧倒的に不足している状態であり、正確に候補者の能力を見極めることが不可能となっています。それっぽいことを言っている人が受かってしまい、きちんと能力の精査ができていない現状があります。

2点目として、営業であれば売ることが大事なのでお客さんの前でそれっぽいふるまいができる方が有利になるということがあります。現在転職市場においては、お客さんの前に出ていく仕事がほとんどです。こうなると、お客さんの前でうまく話せない人よりは、自信をもってしっかりと話せる人のほうが当然ながら評価が高くなります。

以上の理由から面接の中身よりも外身が評価されがちな傾向があります。一定のプレゼンテーションスキルはビジネスにおいて重要ですので磨く必要があるということです。

ちょっとの工夫で大きく成果が出る

さて、面接に関しては、ちょっとの工夫で大きな差がでてきます。面接前のわずかな時間でも基本的な項目を遵守して面接に臨む姿勢を持ちましょう。

面接前のルーティーン、面接準備、面接時のふるまいといった項目であらゆる努力をつくしていくことで面接の結果を最大化することが可能です。

直前に意識すべき項目

さて、実際に意識すべき項目を並べさせていただきます。面接中に意識しましょう。本当に基本ばかりですが面接中には緊張して忘れてしまうので意識的に改善をしてほしいと思います。

声を大きく

声を大きくすることは重要なポイントです。ではどこで声を大きくしたらよいかというと入室のタイミングです。入室のタイミングで声が大きいならばその地点での印象はいいでしょうね。

体育会の人であれば、常識の範囲内で部活でやっているレベルの挨拶でも問題ないと思います。元気な人で悪い印象の人もいないですよね。女性でもちょっと普段はおとなしい人も面接時は通常以上に意識して声を大きくしましょう。

笑顔の徹底した意識

笑顔の項目が一番難しいと思います。どうしても顔がひきつりがちな傾向にあるので口角をあげて前を向いて話す意識をしましょう。あまり不自然すぎる笑顔はどうかと思いますが、笑顔をしっかりと作って、口角をあげることを意識していくだけで印象がかなり変わります。

面接前にトイレで笑顔を何度もやってみましょう。準備運動が笑顔には大事です。笑顔に準備運動が大事だということもあまり意識している人が少ないと思いますのでしっかりと準備するとよいでしょう。

ゆっくり話す

ぼそぼそと早口で話す人を見たらどうでしょうか。明らかに印象が悪いですよね。ゆっくりと話すだけで絶大な効果があるんです。あの、ショーンKと言われていた方でさえ、ゆっくり話すことで大した中身を話していなくてもすごい人のように聞こえていました。

ゆっくり、耳元にささやくように話す話し方で魅了し、活躍している人は少なくありません。俳優や芸能人も意識的に話し方を変えることで視聴者に受けるような話し方に変わっている人もいるわけです。
簡単な技能としてゆっくり話すことがあるのでぜひ試してみてください。

ジェスチャー

ジェスチャーに関しては賛否両論あるので、答えはないのだが、多少身振り手振りをいれるとよいです。なぜいれるかというと熱意が伝わりやすくなるからです。身振り手振りでこう思いますといわれると面接官の心を動かしやすくなるわけです。ぜひ試してみてほしい。

面接の改善を図ろう

面接の改善を図ってほしいです。面接のテクニックは意識するだけで変えることができるので意識的に試していってほしいと思います。

改善については、自分の面接を録音するか、転職エージェントや先輩や友人から言フィードバックしてもらいましょう。録音を含め客観的に自分をみる、もしくは見てもらうことの効果の大きさは計り知れないのです。

面接に際して、どうあるべきかの理想論をもっておくとよりよくなります。

面接のテクニック不足はだれも指摘してくれない

面接のテクニック不足を指摘してくれる人はなかなかいません。面接のフィードバックは転職の場合は転職エージェントに伝わることも多いのですが、転職エージェントのフィードバックも経験が足りなかったといったフィードバックで、活舌が悪かった、早口で印象が良くなかったといった、落とすにふさわしいとされていない理由を伝えることははばかられます。

そのためできるだけ自分で悪い点を改善するようにつとめましょう。きっと努力をしていったらあらゆる面でよくなっていくはずです。

長期的な面接改善を図る

今回は短期的な面接改善方法について述べさせていただきました。しかし、長期的な面接改善もぜひやっていただきたいと思います。長期的な面接改善とは話す内容の伴った面接改善です。

具体的な内容については、別の機会にお話しさせていただきますが、今回は小手先に近い短時間で習得できるものに対し、長期間で対応すべきものとは、話す中身や話し方の部分です。結論は最初に言おう、話の構成は~のようにしようといったことです。

ぜひ次回の記事を楽しみにしてください。

Pocket