Pocket

同期を驚かす転職

同期の中に、まさか俺の企業からあそこの企業に行くなんて、、、、という驚きの転職をした方がいるのではないでしょうか。特に新卒で失敗してあまりいい企業にいないのでは、、、と自分で思っている人にとって同期が有名企業に転職ができたという事実を受け入れることができないかもしれません。

そこでなぜみなを驚かす転職を果たすことができたのかということについて論じていきたいと思いますのでぜひご覧ください。

まぐれではないすごい転職

有名ではない企業から、有名企業に転職できた場合はほとんどの場合はまぐれではありません。逆ではないかと思う人もいるかもしれませんが有名企業から有名企業の転職に比べて転職の基準がはるかに厳しいのが事実です。

転職をするときに、非有名企業からの転職を成功させている人はとんでもない準備をしていることを周りには隠しているのでなかなか転職のノウハウがでてきていないのも事実です。

ブームとなるリベンジ転職

リベンジ転職という言葉ができるくらいには新卒でダメだった会社にチャレンジする人がでてきた。リベンジ転職はすすめていないが、すすめているパターンとして業界4位以下の企業から業界3位以内の企業へステップアップするパターンです。

第二新卒の3年間を過ぎるとキャリアチェンジは基本的に厳しくなりますので、同業での転職を意識しましょう。

逆に3年経過し第二新卒という段階を過ぎた段階でキャリアチェンジするときは、まず給料を下げてでも転職をしたいかどうかを考えましょう。

給料を大きく下げてでも転職してやりたいことを追い求めたいかどうかを考えましょう。

同業間のステップアップ転職

有名企業に転職する場合はこのパターンが多いです。中堅の広告代理店から博報堂やADKへの転職がそれにあたります。朝日広告社、読売広告社、大広といった中堅広告代理店から大手への転職を果たした場合は成功といえるでしょう。

同業間の転職でもステップアップは難しいのが実情です。狙うべきは業界の業績が上向きで採用を拡大したときです。採用が拡大するタイミングをつかむのは難しいので、採用が大幅縮小したタイミングを把握しましょう。大幅縮小したタイミングになると、かならず反動で人が不足し大量採用をする時期が来ます。その時期であれば採用がされやすい状況が続きます。

採用が減少した状態を把握しておければ採用が増えたタイミングを把握するのは比較的簡単です。同業のつながりを大切にし、機会があれば転職するようにしましょう。

どこの業界もそうですが、1位の会社のほうが2位の会社より成長できる機会は多いです。オペレーションがしっかりしており、フレームワークもあるためだれが入っても成長し一人前になるシステムができてるわけです。

もし業界4位以下の会社にいた場合は一位の会社に転職する機会がないか伺いましょう。
この場合リベンジ転職ができたら最高ですね。

なぜ有名企業への転職は難しいのか

有名企業の転職が難しい理由は有名企業が退職率が低いからにあります。有名企業は新卒を業界内で最も採用し離職率も低く長期的に育てるのが特徴です。そして業績拡大や一部新卒が辞めたときに補充します。

その補充の機会が発生しづらいです。業界一位の企業の社員がなぜ辞めないかというと給料がいいや環境がいいからではなく転職先がないからです。競合企業のことをよくわかっているので業界1位の企業からそれ以下の企業に転職する意味がないからです。

よっぽど幹部候補待遇や給料アップという状況がない限り転職を積極的にすることはないのです。業界1位企業の社員もできれば転職したいが転職先がないともんもんとしているのが現状です。

その分転職する機会が残されている業界2位以下に所属するあなたのほうがチャンスがあるわけです。もし今の会社を変えたいと思っているのであれば躊躇せずに動く体制をとりましょう。

一番の成功方法は恐れない自信とマインド

よくなぜあの企業を受けないのか?と聞いたら俺には無理だからということを言う人がいます。最初からそういったマインドではほぼ受かるのは難しいでしょう。

同じ業界でコンペや顧客争奪合戦で散々負けてきたために自信をなくしているのかもしれません。しかし、面接はまた別です。どの企業でやってようが自信を持って働いているのであればあなたは自分の実績を誇るべきです。あきらめずにチャレンジしていくことが重要です。

転職なんて面接次第で決まる

転職は面接で決まります。これまでの実績や、所属企業、学歴が大事と思うかもしれませんが面接であなたの人柄をアピールし働きたいと思われればあなたの勝ちです。よって、面接のための準備をしっかりと行いましょう。

面接一つで人生が変わると思えば気持ちは楽になります。面接対策は転職エージェントを使って何度も何度も行いましょう。できれば複数の転職エージェントを使って行うことが望ましくあります。

若ければ若いほどいいというパターンだけではない

若いほど転職がしやすいというパターンが多いですが必ずしもそうではありません。ニッチな領域の経験だけ積んだ人は経験が長いほど即戦力として期待されます。会社の本流のビジネスではないとしても別の会社からは注力したい事業領域であったり中途採用でなかなか採用できなかったりというパターンがあります。

石油の採掘だけやってて石油系の企業ではもう受け入れられないと思っていても、石油の買い付けを行う商社で実はニーズがあるといったパターンがあります。

経験をしっかりと積んでおけば可能性がありますのでぜひ検討してください。

転職と新卒で難易度が違うところを狙おう

新卒では激戦だが中途採用だと簡単に入れる会社も少なくありません。簡単というと語弊がありますが経験とタイミングを見るとこの人は100%受かるなということもあります。

新卒の場合は、ポテンシャル採用のため運もあり必ず受かるということはないわけです。そういった違いがあることを理解しておくとよいでしょう。

同業界での経験は重宝される

同業界内での経験は重宝されます。同じ業界での経験は競合他社が何よりも欲しい情報です。もちろん会社のコンプライアンスがあるので機密情報を漏らすことは厳禁ですが培ったメソッドや顧客とのネットワークは次の会社へ引き継ぐことができます。

ぜひこれまでの経験を生かして新しいチャレンジをしてください。リクルートエージェントDODAを使うと同業転職のサポートをしてくれます。また、ビズリーチに登録するとちょっと年収が高めの企業からもスカウトがきますのでぜひ。

Pocket