転職サイト

転職サイトを比較/解説

更新日:

Pocket

転職サイトとは

転職サイトとは文字通り転職をするためのサイトです。転職サイトには転職を実施するための様々な情報を仕入れることができます。転職のやりかたから、求人検索、企業研究まで一貫して実施することが可能となります。

転職サイトは現代においてはなくてはならない転職の必須ツールとなっています。転職サイトとは、リクナビNEXTのようなサイトが最も有名かもしれません。

転職サイトの大きな機能

転職サイトの大きな機能は2つあります。1点目はスカウト機能です。スカウト機能では、登録すると登録した情報(個人情報は見えない形)に基づいて、外部の転職エージェントからスカウトが送られてきます。例えばリクナビNEXTに登録するとリクナビNEXTの人からはスカウトは届きません。

スカウトを送ってくるのはリクナビNEXTに登録している求職者に対してスカウトを送りたいと考えている、外部の転職エージェントが登録料をリクナビNEXT側に支払いをして、利用可能になります。

そして転職が決定した場合もリクナビNEXT側に転職決定フィーの5%~15%を収める形になります。

転職決定フィーというのは一般的に転職決定者の理論年収の30%が企業から紹介した転職エージェントに支払われる形になります。理論年収とは残業代やボーナスも考慮した年収を理論年収と呼びます。

2点目は求人検索機能です。転職サイトは自分で求人を検索できるように企業/転職エージェント側がサイトにアップしてくれた求人に応募できる機能があります。

求人は押し付けられるものではなく自分から探したい気持ちがありますよね。そういった要望に対応できるのが転職サイトのよさです。これは後述する転職エージェントではなかなか体験できない機能になります。

転職サイトと転職エージェントの違いを次の章から詳しく説明していこうと思います。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの最終的な目的は、求職者に転職を成功してもらうことです。そこに至るまでのプロセスがことなります。

転職サイトは、登録すると、スカウトが来て、外部の転職エージェントから連絡がきて会いたい転職エージェントに返信をして日程調整をして、会います。

メリットとしては様々な転職エージェントと会うことができますし、比較でき、自分のペースで転職活動をすすめやすくなります。転職エージェントは玉石混合であるため比較できるということはかなりメリットです。そのため比較するために最もよいのがリクナビNEXTなので普段からすすめています。

さてデメリットとしては、自分で会うためのやりとりを各転職エージェントとするためにめんどくさいです。最初はリクナビNEXT等のシステムを介する必要があるためログインしてメッセージ返信してというのがめんどくさく感じる人は少なからずいます。

次に転職エージェントです。転職エージェントは、リクルートエージェント等が代表的な企業です。同じリクルートでも転職サイトと転職エージェントの二つを運営している点に気を付けてください。

一般的に同じ会社で転職サイトと転職エージェントを2つも運営していることは比較的珍しいです。

転職エージェントは、リクルートエージェントのような会社に自分から登録して、担当の転職エージェントから連絡がきます。

転職サイトが、様々な企業の様々な転職エージェントから連絡が来るのに対して、転職ーエージェントは、登録すると基本的に1人の転職エージェントを転職エージェントが所属する企業側が用意してくれます。

メリットとしては、日程調整も楽で、選ぶ必要もないのですぐに転職エージェントと会うことができ転職活動をすぐに開始することができます。また大手の転職エージェントはノウハウもあります。大手の転職エージェントは転職サイトを使わずに口コミだけで候補者が集まるため自分から応募をしないと大手の転職エージェントと会いない場合があります。

デメリットとしては比較ができないことです。あなたが応募するとあなたの経歴にあわせてぴったりの転職エージェントを紹介してもらえますが、その紹介してきた担当者が必ずしもあなたにぴったりというわけではありません。

企業側からみたぴったりと、あなた目線のぴったりは異なるのは当然ですね。

転職サイトと転職エージェントの図

上記の図を見てください。
気づくのは転職サイトを使っても転職エージェントに直接応募をしても転職エージェントが介在するということですね。

転職サイトは求人のみならず転職エージェントがまとまっているサイトだと思うとよいでしょう。転職エージェントに直接応募する場合は、リクルートエージェント等の大手転職エージェントに相談する場合がよいでしょう。

もしくは転職サイトを使う必要のない優良転職エージェントであれば、直接応募する必要があります。

転職サイトの比較表

転職サイトの比較表です。一部ではありますが、有名なものを掲載させていただきます。
特徴も書いてあるので下記にあるものはぜひ登録してみてください。

転職サイト 特徴
リクナビNEXT 求人数、転職エージェント数、登録者数ナンバーワン。転職の必須アイテム
ビズリーチ 高給や、レアな求人も多数。優秀な転職ーエージェントも多い。
転機
1000万円以上を狙いたい方におすすめ。将来のキャリア相談でも対応可。
DODA 有名企業の求人多数。営業力が強い。転職エージェント機能がメインのサイト。
マスメディアン 文字通りマスコミ系や広告系なら俄然おすすめ。
Find Job! IT関係ならFindJob
LiBzCAREER ライフスタイルを考えた求人があり、QOL上がること間違いなし。

進化するダイレクトリクルーティング

さて、ダイレクトリクルーティングという言葉を聞いたことがありますか?ダイレクトリクルーティングというのは、企業の人事もしくは採用したい部門の担当者がリクルーターとなって、転職サイトに登録している求職者にメールを送ることです。

ダイレクトリクルーティングでは、【BIZREACH(ビズリーチ)】に登録してもらえるとわかりますが企業の人事部が転職エージェントをはさまずに積極的にメールをおくってきます。

ダイレクトリクルーティングが普及した背景としては、転職エージェントが提案してくる人材の質が高く、ミスマッチも起こるため最初からミスマッチが起こらないようにするためです。

また、ダイレクトリクルーティングのほうが転職エージェントに支払うお金より安くするため金銭的な目的で利用する企業もあります。

さらに、外資系企業ではグローバルレベルで見るとLinkedInなどのサービスで採用が盛んなため日本も同様に合わせろよ、でもLinkedInみんな使っていない、どうしようということで、じゃあ【BIZREACH(ビズリーチ)】使おうかという感じになっています。

転職サイトを徹底活用

転職サイトはだれとも会わずにスマホやPC1台で活動をすることができます。転職活動がこれほど楽に行える世の中になったのも転職サイトのおかげが非常に大きいです。転職サイトをフル活用して、転職活動を成功させることを祈っております。

繰り返しになりますが登録すべき転職サイトを並べておきます。

Pocket

-転職サイト
-,

Copyright© 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く限定情報配信 , 2017 AllRights Reserved.