転職コラム

【未経験可】人気のコンサルティング業界の転職チャンス!

更新日:

Pocket

キャリアリセットの裏技

コンサルティング業界は未経験の人を多数受け入れています。製造業界からIT業界に転職する場合は完全に未経験になりキャリアリセットされますね。製造業界から業界を変えて、キャリアリセットでの転職ができる場所というと候補になるのはコンサルティング業界です。コンサルティング業界は製造業界出身であれば製造業界のオペレーションの改善や、製造業の研究開発の投資効率化プロジェクトなど様々案件があり、実務を担っていた人を欲しがる場合があります。

キャリアリセットは当サイトでは述べていますが、基本的に第二新卒の方におすすめしています。第二新卒は真っ白の新しい人を新卒同様の扱いで採用してもらえるからです。しかしながら第二新卒以降になるとその転職が容易ではなくなります。

キャリアダウンすることなくキャリアリセットするにはコンサルティング業界は非常にチャンスなので可能であるならば一度は見ておいて損はありません。

コンサルティング業界への転職チャンス

コンサルティング業界は空前の採用ブームです。いくつかの外資系コンサルティングファームは一社だけで数百人の新卒を採用している状況です。プロジェクトが多数あり、受けきれないレベルのときもあり、人手がとにかくほしいという企業もすくなくありませんん。

コンサルティング業界はみなさんが思っているより採用の門戸が広がっています。コンサルティング業界に転職するメリット、デメリット、および懸念点についてもう少しみていきましょう。

給料アップのチャンス

コンサルティング業界に行くと年収は基本的にアップします。なぜかというと、特に外資系ではそうですが給与テーブルが決まっており、転職の際に前職の給与テーブルをほとんど考慮することなく、コンサルティングファームが設定したテーブルで決まります。

年収300万だった人が急に600万円になることだってたびたびあるわけです。なおコンサルティングファームは転職すると500万から600万円程度は一番下のクラスではもらえます。外資系であると確実です。日系コンサルティングファームはマネージャーになるまでは、残業代が出ることが多いので、残業代によって給料がプラスされるので会社によっては外資系よりもらうことができます。

給料が低すぎるため製造業、メーカーからコンサルティング業界へ転職する人は少なくありません。それほど転職して一発逆転をするのにはありがたいところです。

すぐクビの危機は本当か?

コンサルティング業界と聞くとクビになる人が多いのではということが懸念されています。しかし、クビになる可能性は実際は低いです。一部の戦略コンサルティングファームでは実際にクビになっている事実は否定しませんが、その他多くのコンサルティングファームは生き残れる人が大半です。

もちろんコンサルタントになるために様々なことに適応しなければいけないのは事実であるため苦労する人も少なくありません。しかし、適応ができればクビになることは戦略ファーム含めほぼ100%なく安定して働くことができるのは事実です。

クビになる場合は、よほどやる気がないか、仕事のパフォーマンスが著しく低いかによることを覚えておけば大丈夫です。

ワークライフバランス改善中

アクセンチュアをはじめ各コンサルティングファームのワークライフバランスは現在、すごいスピードで改善されつつあります。コンサルというと激務の代名詞みたいでしたが、今やそれも遠い昔で、人員を大量に雇ったためプロジェクトにアサインできる人の幅にも余裕があります。

残業時間が大幅に削減される方向に動いたために一般の人でも働きやすい環境になりました。一般の人でない人というのはどういう人をさすかという1日3時間の睡眠で十分で、20時間は働くことができますという超人だ。このような超人ばかりだとまともにがんばっても勝てないのである。労働時間が倍だと生産性が0.8倍でも長く働いたほうが有利になる。

このような長時間労働の人はいまだにいるが業界としてはまともな方向に動いているのでぜひ今後の展開を楽しみにしてもらえるといいと思う。

企業研究はいらない

コンサルティングファームは企業研究がいらないのが特徴だ。いらないというと大げさにいったが、業界研究をしっかりしてコンサルティングファームとはどのようなものかというのを理解しなぜあなたがコンサルタントになりたいかをしっかり話せるようにした方がいいです。

志望動機を固めるのはコンサルティングファームは以外と難しいので、転職エージェントに相談をしましょう。コンサルティングファームは採用が空前の好景気なので転職サイトで探すことが容易です。特にビズリーチにはコンサルに強いエージェントが多いですのでコンサル志望で登録しエージェントからの連絡を待つとよいでしょう。

絶対にビズリーチは外せないサイトですので。

企業研究はいらないといいましたが、企業を複数みてカルチャーがこんな感じに違うんだなくらいは言語化して話せるようにしておくといいです。またITと戦略の違いは認識しましょう。

未経験でも入って本当に大丈夫か

未経験で入ってコンサルティングファームで通用するかという不安をよく聞きます。結論からいうとがんばれば未経験でも大丈夫です。具体的にはスキル、特にエクセルに引っかかる人が多いです。コンサルはイメージ通り、ショートカットでエクセルを使いこなす人ばかりです。その状況に最初はひるんでしまい自分でできるのだろうかとなってしまいますが対策をきちんとしたら全く問題ありません。

エクセルのショートカットはすぐに習得できますのでぜひ本を読んで対策をしてください。そしてシートの作り方は会社のフォーマットに合わせるべきですが基本的な作り方の概念は同じなので基礎を本で勉強しておきましょう。

学歴は?

学歴に関してはトップ戦略ファームでは有名大学ばかりです。しかし、現在のコンサルティングファームは学歴の門戸もかなり広がっています。具体的な学歴を出すと日東駒専クラス以上の大学に通っていれば書類を通過するコンサルティングファームは多くなってきました。限られた知的階級層だけの仕事ではなくなったのが現在の仕事です。日東駒専クラス未満になるとコンサルティングファームは厳しくなってくるので転職エージェントに相談をする必要があります。

もしある程度の学歴と働いた経験があればチャレンジしてください。大卒でメーカーの工場でずっと働いていた人でもオペレーション改善に活躍することは十分に可能なわけです。むしろ工場の論理を知らない新卒コンサルよりも、コンサルを受ける工場側が喜ぶのは工場勤務経験のある人なのは明らかでしょう。

家庭との両立は?

家庭との両立は難しいです。子供を育てながら、コンサルタントをしている人は少ないです。なぜかというとコンサルタントという仕事はワークライフバランスが改善されましたが時として深夜まで働くことはあります。プロジェクトごとに忙しさも変わり、チームメンバーが一人かけただけで残りの人への負担はすさまじいものとなります。

よって、子育てをしている特に女性は急なプロジェクトの忙しさに対応できるように両親のサポートや保育園の状況は確認することをすすめます。またコンサルティング業界はリモートワークが十分にできる環境があるので、その環境をきちんと利用できるとよいかと思います。

年齢は以外に重要視される

年齢はコンサルティング業界は見ています。昔は30歳中盤でも採用を多く行っておりましたが、現在は未経験者はマネージャー未満クラスの採用が中心のため、20代中盤から30代前半がほとんどです。30代中盤でも入ることは可能なのですが給与が大幅ダウンになる可能性があるため基本的にすすめていません。

そのため少しでも興味を持った地点で早めに動いてもらうことを強く推奨しています。

具体的に何をするのか

コンサルティング業界とは具体的に何をするのでしょうか。具体的な内容は各社やっているプロジェクトによるのですが、顧客の課題解決をすることです。もっというと顕在化されていない課題を発見してあげ、ビジネスを大きく伸ばす手助けをする存在です。

すでに課題が明確化されており部分的な資料作成やシステム導入の仕事もありますが、儲かる仕事は課題発見から実行までをすることです。できるだけ上流からやるほうがコンサルタントにとっても成長の機会があります。

成長のチャンス

コンサルティング業界は成長の機会に満ち溢れています。顧客のために「バリュー」を出さないといけないわけなので生半可な働き方では結果は全くでません。そのため、一生懸命働き顧客が満足する動きをしようと必死になります。それほどコンサルというのは大変ですが、その分個人の成長が十分にできる仕事と言っても過言ではありません。若い間にコンサルで一生懸命働くことで自分のなかでビジネス力が高まります。

IT業界にいる人にはコンサル転職は容易

コンサルティング業界は様々な企業がありますが、IT、特にSEの経験があると採用がされやすいです。現在はシステム導入はどこのファームも切り離せない存在となっているので転職をすることが簡単になってきていますし、ニーズも非常に高いです。

転職先がいくらでもある

コンサルは転職先がいくらでもあります。万が一クビになってもコンサルティング業界にいたというだけで採用したい企業がまだまだあります。コンサルはもう終わりだという人を耳にしますがむしろ一般的な企業までコンサルを採用したいニーズがふえて、1,2年のコンサル経験でも十分に採用されます。

コンサル業界への転職

リクルートエージェントへの直接相談か リクナビNEXTに登録するとよいです。コンサルティング業界への転職の相談相手がみつかります。

また先ほど紹介したビズリーチもはずすことができません。

コンサルティング業界はぜひはやめ、かつのぞいてみるだけでもいいですので動きましょう。

Pocket

-転職コラム
-, ,

Copyright© 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く限定情報配信 , 2017 AllRights Reserved.