Pocket

転職エージェントのおすすめを選ぶのは難しい

転職エージェントをしていると、どの転職エージェントがよいかと頻繁に尋ねられます。転職エージェントのおすすめを決めるのは容易ではありません。というのも転職エージェントは人間と人間の対話で付加価値が決まってくるので相性の良し悪しがでてしまうからです。

最低限のエージェントのレベルをチェックしたうえで大丈夫であったら、最低限のレベルの中からエージェントを選んでいきます。

普段私も大手の転職エージェントをまずはすすめていますが、もう少しタイプ別に掘り下げていけたらいいと思っています。また、良い転職エージェントに会うための裏技も含めて今日はしっかりと解説をしていきます。転職エージェントは転職成功のカギをにぎっていますのでぜひ注目してご覧ください。

転職エージェントの心理を読む

まず、転職エージェントがあなたと話している中であなたのことをどう思っているかを考えてみましょう。
-転職意欲もなさそうだしあまり優秀でもなさそうだ
-この候補者はすぐに転職してくれそうだ
-この方は優秀だけど、あまり意思がないので人材不足の企業に送り込もう
-目的も能力も申し分ないので真摯に付き合って転職をサポートしよう
-この人は継続的にお付き合いをしたいのでぜひ、転職に限らず付き合っていこうと思う

こういった感じで、転職エージェントも候補者に対して様々考えるところがあるのです。もちろん、ビジネスですので儲かるかどうかという発想であなたのことを見ているのは当然っちゃ当然なのですが、そのビジネスの中でも考え方は変わってきます。上記の場合、下にいけばいくほど転職エージェントからの評価が高いことになります。

評価が高いとキャリアを考えるにあたって大変参考になる情報をたくさんもらえますのでぜひうまく活用してください。

転職成功の3パターン

転職を成功する場合、3パターンあります。同業界転職で、すでに業界内のことをよくわかっており、自力で情報収集や転職が可能な場合。
次に、普段から人脈が優れており、別の会社で人員が欲しいというときに周りの人たちから声をかけられやすい人。
最後に転職エージェントをうまく活用できる人。
この3パターンが転職成功の多いな要因となります。若い間の転職は業界内のこともよくわかっておらず競合他社の状況もわからないでしょうから、友人や転職エージェントに頼ってください。

友人はあなたに不利益なことは基本伝えませんし、本音でぶつかって、アドバイスをくれるという意味では最高の存在です。友人だけで転職が終わる世界であれば転職エージェントは必要ないと思います。

しかし、多くの人は自分の身の回りのネットワークだけでは情報収集が不十分だと考えて、転職エージェントとあっていきます。

では、転職エージェントを使って成功する人をもっと詳しく見ていきましょう。

転職エージェントを使って転職が成功する場合

転職エージェントを使って転職を成功させる人は、転職エージェントにたくさんあっています。前の章で転職エージェントからも評価が高いといいと伝えましたが、最初に会った転職エージェントに対して評価が高い人はまず少ないです。

はじめて転職エージェントに会う場合は、どんな存在かわからず緊張する人も多いでしょうし、転職のこともわからないのでついつい受け身になります。

しかし、複数人の転職エージェントと会っていくなかで時分の評価というものを客観的にみることができるようになりきちんとしたアドバイスができるようになるでしょう。

よって、転職エージェントに会うこと自体にも慣れが必要なため複数の転職エージェント、だいたい20人くらいは会うようにするとよいと思います。

成功する人はたくさんのエージェントと接する中で自分の売り込み方をしっかりと理解しているため、転職エージェントにとって、候補者の中の優先度が高まりたくさんケアしてもらえます。

シンプルな話ですが転職エージェント活用方法の大事な一歩だと私は考えています。

転職エージェントを使って転職が失敗する場合

転職エージェントを活用して失敗する場合はシンプルです。受け身になりつづけるために、エージェントの言うことを盲目的に信じてしまい、自分の意思がなく転職をしてしまうことです。

本サイトは「転職ウィル」という名前ですが転職に際して「Will(ウィル:意思)」を持ってほしいと皆さんに思っています。失敗しないためにも受け身になることなく、そして、一人のエージェントだけを盲目的に信じることがないようにしましょう。人間というのは怖いもので特定の一人の人にかなり影響をうけます。

転職エージェントを使って失敗したというよりも、最初から転職に主体的でなかったが故に転職を失敗してしまい、その責任を転職エージェントのせいにしている事例が見られます。

人のせいにしていたら絶対に転職はうまくいかないどころか今後もビジネスで成功しませんので他責思考から解放されることを願ってやみません。

軸をもつことが肝要

軸をもつとはどういうことでしょうか。具体的には将来のキャリアから逆算して今は何をすべきかを考えそのためにどういう方向性で転職したらよいかを考えることです。

しかし、こうきくと将来やりたいことはないんだよな、、、と思われる方も多くいると思います。そういったときのために、今やってみたいこと、興味のあることは何かを考え、それを実現するための方法が転職でいいのかを転職エージェントにぶつけてみましょう。

幸運にして転職エージェントはたくさんいますので一人にボロボロに言われたところでまた考えを磨き、もしくは考えをあらため新しい転職エージェントに話をもっていけばいいのです。

おすすめの転職エージェントを聞くときのアドバイス

おすすめの転職エージェントはありませんか?と人に聞く前に、話がうまいエージェント、求人をたくさんもっているエージェント、女性に強いエージェント、と様々な選択肢がないかを聞いてみましょう。

転職エージェントを探していくときは、自分がどんな話をしたいかだけ決めていくとよいです。具体的に~業界でなくても~な人がいいという聞き方でいうのです。

イメージでいくと、彼氏や彼女を探しているから、紹介してほしいと友達に紹介を頼むときの聞き方でよい。それで得意なエージェントがいくつかでてくるでしょう。

特に20人以上あっている知人がいたらその人に聞いてみることをすすめています。

外資系に転職したい時の転職エージェント

例えばだが、外資系に行きたいといえば外資系に強い転職エージェントを紹介してもらえます。JAC Recruitmentは外資系の案件をもっています。

また、リクルートエージェントは日系からいきなり外資系に行きたい人をサポートする部隊がいるので登録してみてほしいところです。

転職エージェント個人でなく会社単位の紹介になってしまうためこれ以上深堀はしないが登録した先でよい転職エージェントと出会うとよいでしょう。

また英語力に不安があれば安価で利用できるスタディサプリ ENGLISHをおすすめしています。

IT系に転職したいときの転職エージェント

ITだとGEEKLYを使ってみるとよいですね。

いい求人が多数そろっています。

はじめての転職エージェント

また、リクルートエージェントで転職がはじめての旨をつたえたら転職をしっかりとサポートしてもらうことができるのでそれでもよいでしょう。

転職サイトとの併用はマスト

転職サイトは同様にしっかりと活用してほしいですね。転職サイトのメリットは登録するだけで複数社の転職エージェントとコンタクトをとれることです。同じ会社の転職エージェントが複数アプローチしてくれるので、同じ転職エージェント会社でも比較できるのが特徴になっています。

リクナビNEXTビズリーチの二つは登録してほしいです。

Pocket