転職エージェント

20代におすすめの転職エージェントについて考えてみた

更新日:

Pocket

20代転職は難しい

20代の転職活動についてアドバイスをするのは非常に難しいです。本記事は最初に断っておくと第二新卒でない20代に向けて書いています。就業2年未満の人は第二新卒に該当する可能性が高いので第二新卒特集をご覧にいただいたほうが良いと思います。

第二新卒の定義は一般的に3年未満なのですが、会社によっては第二新卒ではなくいわゆる中途として就業経験が2年以上の人を採用する会社もありますのでお気をつけください。第二新卒かどうかは各会社に確認しましょう。

第二新卒かどうかの違いは転職して年収やポジションがあがる、入社後に即戦力として期待されている場合が中途採用扱いになります。

20代の転職が難しい理由

第二新卒のときも同様の話をしましたが、20代の転職が難しい理由の一つが20代の転職を支援している転職エージェントに優秀な人が少ないことがあげられます。

単純に年収が低く、転職経験がない場合が多いため労力をかけた割には転職をせず徒労におわるくらいなら最初から高年収で転職してくれる確率が高い人を狙おうという形になるわけです。

転職エージェントは年収×約30%をフィーとして受け取りますのでできるだけ年収が高いほうがよいのです。

また20代のキャリアを支援する人はキャリアカウンセラーや転職エージェントになり立ての人が少なくありません。20代の転職エージェントは自分より年齢が低い人の転職を支援することがなかなか難しいのでどうしても同年代か自分より下の世代を支援せざるを得ない事情があります。

20代にとってのいい転職エージェントの見つけ方

20代にとっていい転職エージェントを探すときにまず考えてほしいのが目先の転職だけを支援してくれる人との付き合いだけ考えるのはよくないです。

1度転職をしますと今後も転職をする可能性も高いのです。そのため、転職エージェントを一生物の付き合いと考え、サポートをしっかりしてくれる人を見つけることができるようにしてほしいと思います。

見つけ方としては友人の紹介か、転職エージェント会社に応募、転職サイトで転職エージェントからのコンタクトを待つという3つがあります。

友人紹介が最も信頼できますが、友人で転職経験ある人は20代だと少ないかもしれません。後は30代の先輩から紹介という形もありますが、30代の転職支援に強い人は20代の転職に弱いということは往々にしてあります。これは、幹部クラスやマネージャーの転職状況にばかり詳しくなり、非管理職のポジションには疎い場合が多いのです。

よって、20代で時間も比較的あると思いますので足を使って色んな人と会うとよいでしょう。

ステップ別:転職エージェントの会い方

20代は能力の低い転職エージェントに騙されてしまう可能性がありますので気を付けてください。20代のエージェントに騙されましたという事案をよく聞きます。また、転職エージェント側はだましたというつもりはなく、なんとなく適当に紹介したという事案があります。騙されたというのは大げさな表現だったかもしれませんが、具体的には、もっと200万円くらい年収がもらえたのに交渉しなかった。業界トップ企業に受かる可能性があったのに受けさせなかった等が該当します。

転職初心者ということを伝えて講義を受ける

転職初心者ということを伝え、話だけとりあえず聞きたい人も受け入れてくれます。そういった相談を最もうけているのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントはこれまでの実績とノウハウがたまっており初心者向けの情報が非常にありますので最初は言って話を聞いてください。最後にどこの転職エージェントから応募すべきは自分で考えればいいのですので受け身の状態でもいいので話だけ聞くことは大事です。

転職したい旨を伝え転職に近いアクションを教えてもらう

次に、転職意欲が高いことを伝えて転職エージェントに会うとよいでしょう。もしリクルートエージェントで会ったエージェントが非常に良い方であればそのまま相談をしていいかもしれません。

転職エージェントに転職したい旨を伝えると具体的な求人を提案してくれます。具体的な求人があるとあなたはどこに転職することができるのかという具体的なイメージがわきやすいですよね。

具体的なイメージがわくことで、行動に変化を生むことができますし、キャリア形成についてのイメージをもつことができます。この段階ではまだ、大手のエージェントでよいので、DODA当たりが良いでしょう。

DODAの良い点は大手に強いこととリクルートが扱っていない領域を必死にがんばろうとしているのでなかなかレアな求人を見ることができます。

転職サイトに登録する

次は転職サイトへの登録です。転職事情がわからなすぎる20代だと転職エージェントに会ってからのほうが転職サイトをうまく活用できる可能性があります。具体的にやりたいことや転職先の候補についてある場合は最初から転職サイトがいいことは間違いありません。

転職サイトでおすすめしているのは、リクナビNEXTビズリーチの2つです。それぞれ2つとも登録がすぐ終わるので登録しておいて損はありません。
たくさんメールがくるのが煩わしいと思ったらメール通知をオフにしてください。それでも最初の3日間はできるだけ毎日チェックするといよいでしょう。最初の登録3日間は転職エージェントが非常にアクティブですので。

特定の転職したい業界を決める

転職したい特定の業界が決まったら専門の転職エージェントに会いましょう。転職エージェントで特化型のに応募するか、転職サイトで特化型の転職エージェントに出会うかです。転職サイトで見つける方が非常に簡単です。

ビズリーチは20代の若手会員を積極的に集めていますので登録してください。年収1000万という広告をしていますが、1000万以上の人は全体の割合からすると少ないですので。

転職をするかどうかめちゃくちゃ悩め

転職するかどうかは20代のうちは悩んだほうがよいです。経歴が浅いのに転職を繰り返すと信用が置かれない人間になってしまいます。ビジネスの世界は信用が命ですので業界内で下手に評判を落としてしまうと大変なことになります。

転職をするかはしっかりと悩んで考えたうえで転職をしましょう。特に大手企業からベンチャー企業に行く場合は後戻りができない可能性もたかいですので気を付けていただければと思います。

転職することは決まるまで絶対誰にも言わない

転職をすることはたとえ同期でも絶対にだまっておきましょう。転職のことを人に話して得をすることは絶対にありません。噂というものは怖いので尾ひれがついてどんどん広がっていきます。たとえ仲がいい同期でも転職が決まってから会社の正式アナウンスがでる前日に言う程度にとどめましょう。

万が一転職をしないことになった場合に、転職をしようとした事実がいろんなところで広まっていると腫れもの扱いされる可能性があります。

年収がネックなら年収あがるか現職で試してみる

年収がネックになっていたら、交渉の余地が現職であるかもしれません。転職先で~円のオファーが出たので転職しますといえば引き止めのためにお金を積むかもしれません。それで残留するのも後からの印象は決してよくないですがしばらく残ってスキルアップして再度転職することだって悪くない選択肢なのです。

転職先では弱い立場

転職先では弱い立場ということを認識しましょう。人脈も実績もない状態ですのでいくら若いとはいえ無条件でかわいがってくれるわけではありません。つまり、自分で道を切り開く必要があります。よって、積極的に社内人脈を構築し会社に貢献できるという姿勢を見せる努力をしてきましょう。努力をしているという姿勢をアピールすることで転職先の会社が受け入れてくれる可能性が高まっていきます。ぜひ転職先で羽ばたけることを祈っております。

Pocket

-転職エージェント
-, ,

Copyright© 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く限定情報配信 , 2017 AllRights Reserved.