Pocket

ベンチャー企業は気を付けないといけない

ベンチャー企業への転職希望者が非常に多いです。しかし、いきなり転職をベンチャー企業にするのはリスクがともないます。そのため良いベンチャーと悪いベンチャーをしっかり見分けてほしいと思います。優良ベンチャーかどうかを見極める力は非常に問われますので気を付けてください。

ベンチャー企業は人で決めるべきか?

ベンチャー企業は人で決めるべきという話をよく聞く方もいるのでしょうか。これは半分正解で半分不正解です。20人未満のベンチャーであれば5,6人の方に会えばその会社の人の社風というものがわかるわけです。

しかし、100人規模のベンチャーで同様のことをいってもあまり意味がありません。そのため、人数が多いベンチャーは配属が分かる場合はその配属先の人とできるだけあいましょう。

仮に面接の評価がよく、入ってほしいと思われている場合は部門の人に会いたいといったらあわせてくれます。

ベンチャーの事業リスクは読めない

ベンチャー企業はあなたが良いとおもったらよいベンチャーだと思ってください。乱暴な言い方ですが、ベンチャー企業は来年にはどうなっているかわかりません。しかし、よっぽどのことがない限り給与未払いになることはありません。1か月でも給与未払いとなればすぐに辞めてください。

また失業保険もありますので、最低限の生活は維持できます。ベンチャーの事業リスクはある程度までしか読むことができませんので自分で判断しましょう。

ベンチャー企業に入ってしまったからには効率を意識する

ベンチャー企業は非効率さを受け入れるくらい根性で乗り切ろうとしますが、現代のベンチャー企業は人手の足りなさをITを活用することで解決しようとしています。

ベンチャー企業なのに効率化や仕組みかがろくにできていない会社は辞めたほうがいいと思います。
データをずっとエクセルで受け渡ししたり、勤怠を毎日、自分で打ち込む必要があったりと自分の会社では当たり前のことも外の会社ではあたりまえでないことが多々あります。

よって、ベンチャー企業にいるからこそ効率的な働き方を意識しましょう。そこで身に付いた効率性は外で必ず役に立ちますので安心してください。

優良ベンチャーを見分けるために

優良ベンチャーを見分けるコツはポイントをあげればきりがないですが、まずは自分の直感を大事にしてください。

そのうえでの話です。

人はイキイキしているか

ベンチャーは給料が高くないですのでイキイキしているか、つまり顔が死んでないかは大事な指標です。

労働時間が長すぎないか

労働時間が長すぎる人は効率的でないために、無駄な時間を売後しています。気づかないだけで間違いなく非効率です。外資系企業でさえ労働時間の長さが非効率さに起因しています。よって労働時間が長すぎないかチェックしましょう。

不祥事を起こしていないか

不祥事を起こしている企業があり、インターネットで検索すると発見できます。また社名を変えている企業もあります。必ず昔の企業名で検索をして調べましょう。

ブラック企業はよく名前を変えるのです。

働き街のある企業ランキングは絶対信じるな

働きがいのある企業ランキングにたまにとんでもないブラック企業がまじっています。宗教チックで適応できない人にとっては地獄を味わわせるとんでもない企業があります。

宗教に染まりきっている人はその宗教のことを当然よく思うわけですが周りから見ると異常だと思うことがありますよね。

企業にもそれがあります。

優良ベンチャーに入ったらすること

優良ベンチャーに入社したらまずは、人間関係を構築してください。ベンチャーは教育システムがうまく発達していないため属人的な仕事の教えがあります。

そういった状況の中では人間関係がすべてです。これだけ聞くとベンチャーはよくないと思うかもしれませんが、上司や先輩と密接にかかわることができるのでより成長できるチャンスがあると思っておくとよいでしょう。

成長に焦るべき

ベンチャー企業にいったら自分の成長にコミットしていただきたいと思います。自分の成長に対してコミットできる人こそが、会社へも貢献でき自分の年収をあげることができます。

よって自分の年収を最大化するために成長に貪欲になりましょう。ベンチャー企業にはその環境が与えられているわけです。

ベンチャー転職を成功させるために

イキのいいベンチャーであるとGEEKLYを使うことをおすすめしている。もし東京にいたら登録して訪問してほしいです。

もし遠方なら、リクルートエージェントは絶対にはずせないです。登録して損はないので。

加えてリクナビNEXTも活用しましょう。積極的に活用することで活路がひらけます。

Pocket