Pocket

低学歴と一言目に言うのをやめてほしい

優秀な候補者普段からお会いすることがあります。その中で、高学歴の方に優秀な方が多く、低学歴(所属していると自称している本人がこの言葉を使う)の人達と比べると確かに内定もとりやすいです。

統計的に見ても東京大学卒の方が日本国内のオフィスワークと呼ばれる仕事では高いパフォーマンスを出しているかもしれません。しかし、低学歴の人たちと高学歴の人に大きな差があるというとそうではありません。

低学歴と一言目に言って自分たちをラベリングすることからまずは解放してほしいと思います。

低学歴が転職で不利な点は何なのか

多くの会社において低学歴の人が不利なのは、偏差値の低い大学を出ていることではありません。同じ大学の出身者が活躍していることが少ないからです。採用では人事の役割として再現性のある採用手法を継続する必要があります。

そう考えたときにこれまで活躍してきた人が~~大学だからというのは役員を説得するのに有効です。あの人は慶應義塾大学を出ているから、早稲田大学を出ているからというのは非常に有効な説明になります。

確かに○○大学出身者の人より活躍しそうだねとなります。よって低学歴の人は、会社にOBがいないことが最も不利な点となります。

どう乗り切るか

会社で活躍している人の共通点をアピールすることができれば学歴をひっくりかえすことができます。よく若い方にあうと学歴がすべてと述べる人がいます。意外かもしれませんが、東京大学や京都大学の人はこのようなことはいいません。

学歴は一要素だからほかに大事なことがあるという高学歴の人がいるのに対し、低学歴の方はもう学歴で逆転は不可能だと言い始めます。

乗り切るためには、活躍している人との共通の点を探してください

共通点探しの有効性

活躍している人がリクルート出身だから私も活躍できますというのをそれとなく伝えるのは有効です。もちろん直接このセリフを言うのはダメですが、セリフのなかでアピールするのです。

○○の経験がある、××のような性質があるということが役員やマネージャー、課長に多いということが事前にわかりその資質を伝えさせすればいいのです。

いつしか面接している側も学歴のことは忘れ迎え入れたくなってくるでしょう。

低学歴で詰む時代はおわる

確実に言えることはこれまでより学歴の価値が落ちてきました。なぜならば試験がそれほど難しくなくなってきたために相対的に他の要素に注目するようになってきました。

段階の世代に比べ東大は確実に入りやすくなっています。問題の難易度の変化はありますが相対的にみた入れる枠として非常に現代のほうが楽になっています。

そうなると学歴自体には重きはおかれなくなりますね。これまでのよりも比較的学歴の価値が下がったことで学歴を気にする必要はなくなってきたと思ってください。もちろん銀行等は学歴主義ですが、銀行ですら学歴主義を一部撤廃しているのです。

自称低学歴の人は自信がなく見える

自分で低学歴と自称している人はどうしても自信がなく見えてしまいます。実際は自信があっても僕は低学歴ですがの一言で評価をさげてしまいます。

謙遜に聞こえることはありません。営業実績ナンバーワンの人がたまたまですというのとはわけが違います。学歴のことは過去の努力が足りませんでした。今はそれを補う努力をしていますとポジティブな現在の姿勢をうまく見せることができると非常によいでしょう。

自分を高く売る

詐欺師は自分を安く売らないのが特徴です。犯罪者である詐欺師から学ぶことが唯一あるとすると自己ブランディング能力です。学歴がない方は、自分は価値があるんだと思い、そのようにブランディングしていくことでかならずや仕事につながっていくことがあります。

絶対にあきらめないでほしいと思います。

自信がないのか

低学歴と自分で冒頭で述べていた方ですが、やはり自信がないとのことでした。自信がない理由はまわりに成功している人がいないからとおっしゃっていました。

実際に経歴が近くステップアップし成功している方を紹介したところ可能性が見えてきたといい現在、新しい仕事に励んでいます。

転職のチャンスをつかみとれ

自分と近しい属性の方で成功している方があまりいないと不安になるのも仕方がないことだと思います。こういったときは転職エージェントに相談をし、紹介をしてもらうことが良いと思います。
リクルートエージェントDODAにぜひ登録してチャンスをつかみに行ってほしいと思います。

まずは、リクナビNEXTからはじめるのが初心者にはよいでしょう。

リクナビNEXT ネクス子

Pocket