Pocket

第二新卒の失敗はあるある

第二新卒で転職活動を失敗したらどうしようと思っている方もいるのではないでしょうか。実は第二新卒で転職失敗をする人は多くいます。

第二新卒で失敗して人生後がないと思わないようにしてほしいです。新卒でも第二新卒でも転職で失敗することはあるので、その後どうリカバリできるかが肝要です。

そのためここでは第二新卒でこけてしまったと思う人に向けて書かせていただきたいと思います。

第二新卒での失敗理由

第二新卒での転職失敗理由として多いのが、焦って転職をしてしまい新卒のときと同様に想像していたのと違っていた仕事だったということです。

比較的多いのが、第二新卒ではいった会社のほうが新卒で入った会社よりひどかったというパターンです。まさか、今の会社よりひどい会社はないだろうと思い転職するともっとひどい会社だったという話はよくあります。

これはみなさんが悪いわけではなく、会社には悪い会社が存在するのは事実なのです。騙されたほうが悪いとは絶対に思わないでください。

第二新卒で失敗したら、すぐに転職をしたほうがいいのか?

第二新卒で失敗したと感じたら3年は我慢したほうがいいのかという相談をうけます。この点については難しいところです。ただし、第二新卒で辞めたいと思うのはよっぽど精神的にこたえることだと思いますので無理せず辞める方向に動いて全然いいと思います。

また、第二新卒期間(新卒3年以内)がきくのであればもう一度転職を重ねてもよいと思います。レジュメの見栄えが悪くなりますが、3年以内であれば何度転職しても同じであると私個人では思っています。悪い経験はできるだけ短期間にしてよい機会をとりにいく努力をしたほうがよいでしょう。

1度目辞める時と2度目辞めるときは違う

1度目の退職は嫌な思いをされた方もいるでしょう。新卒で入ったのに根性なしだの色々と言われて退職にいたったかもしれません。

しかしながら2度目の退職は良くも悪くもさほど言われることなく会社を辞めることができます。よって思い切りをここぞというときに発揮してほしいと思います。

余談ですがこういったタイミングで悩んでいると変なビジネスの勧誘とかがくるので気を付けてください。何人も怪しいビジネスに引きずりこまれた人をみてきました。弱っているからといって自分のキャリアを主体的に積むことをやめないでください。

第二新卒時期を過ぎてしまったら

もし第二新卒を過ぎてしまったが第二新卒として入った会社をすぐ辞めたいと思ったらどうしたらよいだろうか。この場合はやや慎重になる必要がある。そもそも転職できるかとうことがカギになってくる。同業界での転職であれば比較的簡単にできるので気にする必要はない。

しかし、異業種に第二新卒が終わった段階で転職するのは少し難易度があがる。よってきちんと異業種転職をしたい場合は準備をしたほうがいい。

もちろんすぐ行動はすべきだが準備を念入りにすることで解消可能なことも多いからだ。

約3年で3社経験している人

3年で3社経験している人を悪く言う風潮もなくはない。しかし、現代では職を変えること自体に抵抗がなくなっている人も増えているため決して仕事を変えている人が仕事ができないという考え方はかわってきた。

すでに辞めてしまって経験社数が増えているのはしょうがないので、しっかりと努力をして能力をあげることを努力しよう。

転職の相談相手が少ない

第二新卒自体も数は多くないのにさらにそこからの転職となるとますます数がすくなくなるだろう。よって転職に関しては転職エージェントに相談するか、転職を検討している企業に相談し同様のキャリアの人がいるかを聞いてみよう

行動すべきこと

まず行動すべきことは転職サイトに登録しレジュメをアップデートしよう。過去にやったことがある場合でも必ず最新のものにレジュメをアップデートしよう。第二新卒層は確かに経験も少ないので書くことがあまりないのかもしれない。

それでもきちんと書いているかどうかでこの人は最低限のビジネスをできる素養がありそうかどうかが分かります。

登録をしたことがなかったらまずはリクナビNEXTに必ず登録しよう。

そして転職エージェントとしてリクルートエージェントを使おう。
また、DODAも同時に登録してほしい。

これらのサイトをすすめる理由としては、第二新卒からの転職の事例が少なく大手はそのなかでも数少ない事例を知っているので戦略を考えてくれるのでありがたい。

また年収アップを狙うならビズリーチを使うようにしよう。

Pocket