転職コラム

【実録】上司が原因でチームが全員うつ病になった話

投稿日:

Pocket

配属後おかしいことに気づく

上司が原因でうつ病になる人は少なくありません。そのなかでも上司によってチームメンバー全員がうつ病を発症し、乗り越えた方にインタビューを行いました。身バレの観点から詳細は省いております。

-簡単にご経歴をお願いします。
飲料と菓子類を扱うメーカーに大学卒業後入りました。しばらく営業をし企画部門に行きました。企画部門は会社の中でも人気だったため早い段階で異動できたことが非常にうれしかったです。

チームは5人の構成で課長である上司と係長級の方と私より3~5歳年上の先輩2人と私でした。そこで途中から気づいたのですが、チームの雰囲気が明らかにおかしかったので異動して早々公開したことを覚えています。

-具体的にどのように雰囲気がおかしかったのでしょうか?
なんというか難しいのですが、上司とチームメンバーで意見を統一する気がなかったという感じですね。各々がやりたいことをやってゴールを目指すみたいな感じで。

自由な部門の雰囲気が悪化に寄与してします

-それで会社として許されていたのでしょうか?
企画は営業部門と違い自由にすることが許されていましたのでそれでも成り立っていました。もちろん成果がでていたかというとそうではなかったですね。

コンビニでの商品売上が特に落ちている時期でPB(プライベートブランド)におされていたのもあって、生産部門と折り合いがなかなかつかない状況がありました。

-売上が落ちそうですが大丈夫だったのでしょうか。
競合の大手が生産工程で問題が起きたため回収になり各小売で欠品が起こりその関係で私の会社の製品が勝手に売れていました。しかし、同時期に販売されていたコンビニのプライベートブランドのほうが圧倒的に成長率が高くある程度の危機感はありました。

無関心な上司

-その中で上司は何か対策を?
上司はとにかく早く帰る人で部下に無関心でした。学歴がよい人が集まっていたので、成長意欲が高かったのに、仕事自体が楽でした。途中何をしたらよいかわからなくなるときがありやることがあるはずなのに暇というちょっと説明しがたい事態になっていました。

もうこの状況になったときにはある程度末期で、先輩は転職活動をしていました。あっさりアクセンチュアの経営コンサル職から内定がでて一人転職しました。

-転職すると仕事の負荷が増えるのでは?
仕事の負荷以前に引継ぎをろくにしていなかったために何の仕事をしたらいいかを探すのに時間がかかってしまいしんどくなりました。その結果連鎖的に体調を崩す人ができました。

最初係長も転職活動かと思いきや、実はそうではなく本当に体調を崩し家で寝込んでいました。それには少し驚きましたね。もう少しで製品もでるところだったのでまさかという感じでした。
ちょうど発売数十周年記念で会社のほうも予算を奮発していたので、予算の消化が大変でした。部署によっては年度末の予算消化のためにコンサルをいれてわけのわからないシステム導入をしていました。Big4系のコンサルが何社かではいりしているのを見たことがあります(たまたま知り合いがいたため分かった)が、あまり仕事をしている様子がありませんでしたね。

健康食品に依存しだす

-体調を壊す人がいるとどのような影響が?
実は、仕事はもともと労働量的にそれほど多くなかったのですが、体調を壊す人が増えると残業が増え、その影響で、体調を壊し始めました。私も胃腸が元々弱かったので胃腸薬を毎日飲み始めました。

かなりやばいときはサプリとテレビのインフォマーシャルでみた健康食品も飲んでいました笑。一緒に住んでいる母が、おばあちゃんと一緒のものを食べているねといったときはさすがに笑いました。あのとき宗教の勧誘でもされたらひっかかったかもしれません。

-体調を壊すことに上司から何か指摘は?
上司はこの状況でも知らんぷりでした。体調が悪くなったのは自分のせいではないといわんばかりに相変わらず定時上がりをしていました。

上司が部下をフォローしないために部下の仕事が増え続け日に日に先輩たちの顔色は悪くなりました。そして、私以外の二人がとうとう会社に出社できなくなり長期休暇になりました。

私もほとんど限界だったために、遅刻をするようになりました。上司はそのことに何も言わず、頼んだ仕事終わった?くらいしか聞かれませんでした。もっと早くにがんばるのをやめておけばよかったです。

休職後復帰した先輩

-先輩たちはその後大丈夫でしたか?
その後、購買か営業の職種で復帰していたようですが私も退職のタイミングだったのであまり話せませんでした。私も知り合い経由で転職活動を行い、紹介してもらった転職エージェントに行けそうなところを教えてもらいました。

上司はその後どうなったか今でも知りません。まだ働いているようです。

-転職活動はどうでしたか?

今考えるともっとじっくり転職活動をすべきでしたが余裕がなかったので最初にあった転職エージェントにすすめてもらった3社を受けて内定がでました。幸い、3社とも大手でうち2社から内定を獲得しました。

今よりも給料がよい会社が一社あったのでそこにしました。たまたま大学のサークルの同期が働いていたので話を聞くことができ迷わず転職できました。

友人に助けられる

運がよかったことに要所要所で友人に助けられたのでなんとかなりました。

-同じような状況の人に何かメッセージは?
そうですね。偉そうに言えることはないですが、転職先はいくらでもあるので20代で辞めたいと思ったらさっさと辞めるべきです。私が働いている会社は意思決定が早い人が評価されるため何事も早く動けるようにいまはなりました。今転職したいと思ったらすぐに動きますね笑。

なんでもいいのですぐに動いてください。ただし仕事が決まる前に退職届を出すことは控えましょう。後で後悔している人を見かけました。給料がないと何もできなくなるので。

-ありがとうございました。

あとがき

転職で困ったことがあればすぐに動いてほしい。
リクナビNEXTリクルートエージェントの2つにはぜひとも登録し様子をみてほしい。

今日は以上だ。

Pocket

-転職コラム
-,

Copyright© 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く限定情報配信 , 2017 AllRights Reserved.